お茶の種類

玉緑茶

九州中北部で生産されている日本茶の一種煎茶等の葉が細長い針状の形をしているのに対して、

まが玉のような形状をしているのが特徴である。

荒茶製造工程の途中までは煎茶と変わりませんが、精揉(最後に形を細長くまっすぐに整える)工程がなく、

回転するドラムに茶葉を入れ熱風を通して茶葉を乾燥するため、撚れておらず、丸いぐりっとした形状に仕上がった

お茶のことを「玉緑茶」と呼びます。

「ムシグリ」「ぐり茶」とも呼ばれることもあります。

渋みが少なく、まろやかな味わいが特徴です。

九州北部から中部でつくられてます。

 

【白折茶・茎茶】

お茶の茎の部分だけを集めて作られたもので、形状から『棒茶』とも呼ばれています。

旨みや甘みとなるテアニンが茶葉よりも豊富に含まれており、

雑味が少なく清涼感のある風味を楽しむことができます。

【粉茶】

製造段階で出た茶葉の切れ端から作られたお茶のこと。

安価ながらも質が劣るわけではなく、しっかりとしたお茶本来の風味を楽しめる。

粉状になっているので、味が出やすく濃いお茶が飲めるのが特徴です。

【芽茶】

製造段階の中で芽の先端の細かい部分だけを選別したお茶。

茶葉の副産物であるので手頃な価格で購入できますが、

濃厚な風味は新茶にも劣らいくらいです。

新茶シーズン1番茶の芽は上質で濃厚な風味を楽しむことができます。

上質なものほど水分量が多く丸い形になっているのが特徴です。

【番茶】

2番茶・3番茶の茶葉を使うため、収穫が遅いことから『晩』のお茶で晩茶と言われていた。

風味は新茶に比べると淡泊であっさりとしていますが、成長した茶葉を使用しているため

テキンが多く含まれており渋みが強く感じられるのが特徴です。

また、コレステロール値や血糖値の上昇を抑える効果もあります。

【ほうじ茶】

焙じ茶の『焙じ』とは焙煎のことを指しています。

茎茶や番茶を炒って水分を飛ばし、独特な香ばしい風味が楽しめます。

お茶に含まれる刺激物、カフェインや渋みの元になるタンニンが焙じて

熱を加える段階で分解されるため、体に与える刺激が少なく

子供からお年寄りにも最適であり就寝前にも飲んで大丈夫です。