玉緑茶とは

九州中北部で生産されている日本茶の一種煎茶等の葉が細長い針状の形をしているのに対して、

まが玉のような形状をしているのが特徴である。

荒茶製造工程の途中までは煎茶と変わりませんが、精揉(最後に形を細長くまっすぐに整える)工程がなく、

回転するドラムに茶葉を入れ熱風を通して茶葉を乾燥するため、撚れておらず、丸いぐりっとした形状に仕上がった

お茶のことを「玉緑茶」と呼びます。

「ムシグリ」「ぐり茶」とも呼ばれることもあります。

渋みが少なく、まろやかな味わいが特徴です。

九州北部から中部でつくられてます。

 

 

 IMG_4100.jpg